日常生活

【超簡単】フェリーで酔わない方法

旅行や出張で使うフェリーで船酔いに苦しめられていませんか?
せっかくの旅行で船酔いしちゃうと最悪ですし仕事なのに船酔いしても大変ですよね!

そんな人のために超簡単で効果的な対策方法をダイビングでよく船に乗ることが多いダイバーの私が紹介します。

高価な酔い止めを飲む

スーパーやコンビニで売っているような安い酔い止めではなくて薬局でしか売ってないような高い酔い止めがおすすめです。

酔い止めを飲むのも酔い始めてではなく、フェリーにのる30分前には飲むことをお勧めします。

私が色々試してみて一番効くと思うのがこちらです。

薬の効きには個人差はあると思うんですがめっちゃ効くのでためしてみてください!!

ガムを噛む

ガムを噛むことで酔いの原因である内耳の三半規管を刺激されて酔いづらくなります。

この方法では最悪ガムが無くても顎を動かし続けることでも出来るので試してみてください。

風にあたる

酔い防止のための海風と船
この風はできるならそとの海風などがいいですが
船によってはエンジンの排気ガスがあたる場所しかなかったり、そとに出れなかったりもします。
そんなときはクーラーやうちわの風でもいいので当たってみてください。

風にあたることの気持ちよさが酔いの原因である精神ストレスを和らげてくれるはずです。

食べる、飲む、寝る

船酔いの原因に波による揺れもありますが
船に乗ることの恐怖感や圧迫感があったりします。

そんな精神的ストレスを抑えるためにもお腹がへっているなら食べる。
のどがかわいているなら飲み物をのむ。
眠いならねる。

そんな感じですこしでもいやな気持を対処してしまいましょう!!

すこしは楽になるはずです。

何もしない、寝る

ここまでしてきたことをやって酔っているとき、酔いそうなとき
は進行方向をむいて座って何もしない、または寝ることがおすすめです。

船で暇だからと言って本をよんだり、携帯を触っていると酔いやすくなります。

なので少しでも良いそうだなと思ったらやっていることをやめてみてください。

すでに酔ってしまっていたとしても楽にはなるはずです!!

まとめ

船に酔いやすい人は色々試してみてこれなら酔わない、酔いづらいっていう自分のスタイルを見つけてみてください。
船酔いには精神的な影響も大きいので自分がこれなら船に酔いづらいって思うと格段に酔いづらくなります。

船酔いを軽減すこしでも楽に旅行をお楽しみください!!