ダイビング

ダイビングのレンタルすべき!買わなくていい理由は?

スキューバダイビングをしている人にとってダイビングの機材を買うか、買わないかの選択は大きな選択になります。
ダイビングショップの人には勧められたけどどうしよう?
こんな風に悩む人も多いはずです。
そこで今回は悩む人は買うべきではない理由をいくつかケースごとに紹介します。



実はメリットがいっぱいなレンタル機材

レンタル機材ってダイビングショップの他の人が使うので
不衛生だったり、安物だったり、壊れかけだったりします。
それでも人によっては一生レンタル機材を使ったほうがいい人もいるんです!
特にレンタル機材を使うべき人は

  • 旅先(特に海外)で潜ることが多い人
  • 潜る頻度が少ない人
  • 夏しか潜らない人

です。

旅先(特に海外)で潜ることが多い人

このパターンの人ってダイビングの機材を買った場合
旅行の荷物とダイビングの機材を持ち運ぶことになります。
これ想像しただけでもかなりの重労働ですよね?
海外に行くとなるとBCDなどの一部機材は航空会社に申請が必要になります。
これまた面倒です。
この運搬費と労働分だとかんがえるとレンタル代って意外と安いんです。

潜る頻度が少ない人、夏しか潜らない人

仕事の都合やお体の都合上こういう人もいますが
こんな人はいらないと思います。
ダイビングに機材ってその価格もさることながら場所をとります。
押し入れに入れっぱなしだとBCDが使えなくなったり、ホースが使えなくなったりします。そうなってしまうと買い替えです。

ならしっかりとしたところで保存を…。って考えて
ダイビングショップで年間○○万で保管してメンテナンスもしてもらったりとか
倉庫を借りるなど方法はありますが使わない機材を保存してどうするんですか?
ダイビング機材も消耗品です。
すぐ使えなくなってしまいますし、危険です!!
そんな保存しているほうが多いくらいならレンタルを使ったほうがまだ安全です。

ならなぜレンタルがすすめられないの?


ダイビングショップでなぜ機材を買うようにすすめられて、レンタルはすすめられないのか。
それは買ってもらったほうが利益になるし、ダイビングを続けてもらえるからです。
しっかりとしたダイビングショップですと実際にダイビングをしているときに
「こんな機材があったほうが安全だよー」
「水中でバランスととれてなっかったよね?あれってBCDのサイズがあってないからなんだよ」
ってかんじで教えてくれます。
これにはダイビングを続けさせながら教えるというスキルが必要なんです。
しかも面倒くさいんですよ。

でも悪いダイビングショップだと問答無用でローンで買わせたりして
やめたいけどやめれない状況に持って行ったりします。
こっちのほうがダイビングショップとしては楽なんですね。

ダイビングショップも商売だってことです。

スキューバダイビングの機材の値段や費用は?

機材をすべてそろえると平均80万円くらいはいきます。
これのもとがとれるくらい潜るなら買ってもいいかなとは思います。

逆にスキューバダイビング機材を買うべき人は?

大金持ち

お金に余裕があるのであれば買うべきです。
ダイビング機材は
メーカーによっても、種類によっても違いがあります。
水中のトラブルの時はそのわずかな違いで命を落とすことがあります。
余裕があるのであれば機材をかって使い慣れた機材で事故を防ぐべきです。

プロを目指す人

プロを目指す人だけではなくてよく潜る人も買うべきです。
より潜る人のほうが危険にあう確率は上昇します。
自分で適切な管理をして、使い慣れている自分の機材は
自分にとっての安全性が高いです。

まとめ

スキューバダイビングは危ないスポーツではありますが
自分で機材の適切な管理や確認をすればほとんどの危険は防げます。
レンタル、マイ機材にかかわらずしっかりとした管理をして
ダイビングを楽しんでみてください。

では!!