【感想は最高!】ルパン三世 THE FIRSTの映画の口コミ・評価

2 min
ルパン三世 THE FIRSTの感想・口コミ

ルパン三世 THE FIRSTの予告動画


映画『ルパン三世 THE FIRST』の作品情報

映画『ルパン三世 THE FIRST』
公開日:2019年12月6日
出演:栗田貫一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一
監督・脚本:山崎貴
原作:モンキー・パンチ
公式サイト:公式サイトへ

解説

23年ぶりのルパン3世単独の新作!コナンとのコラボ映画を含めても6年ぶりとなり注目の作品。

モンキーパンチ先生の考えで進められていた3DCGの映画となります。

ルパン三世 THE FIRSTのあらすじ(ネタバレなし)

かのアルセーヌ・ルパンが唯一盗むことに失敗したという20世紀最高の考古学者”ブレッソン”が遺した最大の謎「ブレッソンダイアリー」。

「その謎を解いたものは莫大な富を手にすることができる」と言われている。

第二次世界大戦中には、あのナチスがその行方を追い求めた最高難度の秘宝である。

そんな伝説級の獲物に、天下の大泥棒ルパン三世が挑むお宝争奪戦!!

感想と評価、ネタバレあり

ここからは、ネタバレを含む自分の感想になります。まずは、良かった点から。

圧巻のストーリー

流石は、ルパン3世シリーズと思う男気溢れるストーリーでした。ただ、ハードボイルドというよりも宮崎駿監督のルパンに近い、優しく感動するストーリーでした。アクションが少な目のストーリーが重視な作品でした。序盤でカリオストロを彷彿させるルパンジャンプを見られたのは良かったです。

歴史の闇要素は、敵組織がナチスの残党という位でした。不二子ちゃんのお色気シーンもありませんでした。

注目の3DCGは?

自分は、モンキーパンチ先生の原作風の作画が好きなので、公開前から1番気になっていました。

ですが、実際に見てみるとそんな悪くはないかなって印象でした。特に、次元の3DCGが気になっていました。ですが、映画を見ていると3DCG特有のリアルさがスクリーンから伝わってきて最高でした。キャラクターの汗や服の質感などまで再現されていて、臨場感あふれる作品になっていました。

ルパンと銭形警部の3DCGは、顔の細部、表情にまで作りこまれていて好きでした。

ルパン三世 THE FIRST前に見ておきたい映画

ストーリー的に見ておきたいのは、ファーストコンタクトぐらいですね。ルパンファミリーの関係性さえ知っていれば内容は大丈夫です。

ルパン三世 THE FIRSTの評判・口コミ・レビュー

口コミや評価はかなり高めです。ちなみに私の評価も満点です。

モンキーパンチ先生の言葉だけでも映画館に行く価値はあり。

3DCGが嫌いな人ほど見に行った方がいいかもしれません。映画館だと最高でしたが、家で見るとなると安っぽくなりそうです。

ストーリーは、最高のルパンだったのでネタバレが増える前に行くことをおすすめします。

特に最後のモンキーパンチ先生の言葉を見るためだけでも映画館に行く価値があると思います。自分は、最後の言葉だけで泣きそうになりました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です